楽天カードは良心的♪100円1ポイントのワナ【端数切捨て】

2020年9月29日

書いた人:TATSUO

書いた人

Microsoft、KDDIのコールセンター(表彰歴あり)、

ニフティクラウドの開発などIT歴20年。

 

ゲームプレイ実績

  • ダークソウル3レベル1縛りカンスト周回クリア
  • ウルフェンシュタイン2人生一度きりをクリア(トロフィー取得率0.1%以下)

YouTubeチャンネル

 

「あと1枚カード追加するならどれ?」

「電子マネーを便利に使いたい」

「お得なクレジットカードがいいなー」

年会費永年無料の楽天カードが価格.comで一般カードランキング1位を獲得した理由をご説明します。

唯一のデメリットは・・・ダサい(主観と偏見)。

楽天カード

カードブランドはVISAかマスターがおすすめ。

JCBカードは使えない店が増えてきているからです。

JCBカードは使えない店が多いクソブランド

【100円1ポイント】90円と10円の買い物でポイントがつく!

例えば90円のジュース買って会計。

あとで10円のうまい棒買ってまた会計。

合計100円なので1ポイントつきます。

「あたりまえじゃん」

って思いますか?

しかしつかないクレジットカードもあるのです。

Yahooカードでは、毎月のご利用代金に対して1%(100円につき1ポイント端数切捨て)のTポイントが獲得できます。

出典:Yahoo!

 

90円で会計→ポイントなし

10円で会計→ポイントなし

月末合算なし

はいブッブー!ポイントはつきませーん!

フクロウ
フクロウ
こういうわかりにくいところでケチる会社って信用できません。

楽天カードなら、90円の買い物と10円の買い物を月末に合算したあとにポイント計算がされるため100円の利用に対し1ポイントがもらえます。

楽天カードは良心的ですね!

最強電子マネーQUICPayが使える!【後払いがラクチン】

楽天カードはスマホのGoogle PayApple Payと連携してQUICPayが使えます。

対応デバイスはこちら。

※支払い時にかざすのはスマホです。楽天カードではありません。

クイックペイ

出典:楽天カード

現在、いわゆるポストペイ(後払い)型と呼ばれる電子マネーはQUICPay(クイックペイ)とiDの2種類があります。

運営会社が異なるぐらいで基本的には似たものですね。

しかーし!iDはクソ電子マネーなんです。

EdyとiD紛らわしいねん!【解決策:iDを追放しよう】

しかもiDの運営会社NTTドコモはドコモ口座の不正出金事件をやらかしました。

QUICPayの圧勝ですね!

QUICPayのメリット

  • いちいち財布から小銭やクレジットカードを出し入れしなくていい
  • ポストペイ(後払い)なのでチャージ残高や現金残高の心配がいらない
  • かざすだけですばやく決済ができる
  • カードを利用したときとおなじポイントがもらえる
  • いちいちATMにならんで現金を下ろさなくていい

近代的でスマートな支払い方法ですよね。

QR・バーコード決済はカス【いちいち表示して読み取り】

電子マネーの後続でQR・バーコード決済なんてのもありますけど、あんなのはカスですよカス。

毎回アプリからバーコード表示して店員に読み取ってもらわなきゃいけないんでめんどうです。

しかも光の加減によっては何度も読み取りしなきゃいけないんですよね。

逆に時間かかってるじゃねーか!!

なーんてケースもよく見かけます。

というわけでQUICPay最強ですよ。

審査が激甘なので修行(クレジットヒストリー)にも

クレジットヒストリー(クレヒス)とは、クレジットカードやローンの取引履歴のことです。

CIC、JICC、全国銀行個人信用情報センターを通じて企業間で共有されているんですね。

クレヒス

出典:学生クレジットカード.com

滞納がないクレヒスを増やすことで審査が有利に進められるというわけです。

ちなみに「審査落ち」情報もクレジットカード会社同士で6か月間共有されます。

ほかのクレジットカード会社で審査落ちすると、

 

「なんやコイツほかで落ちとるやんけ」

「うちも落としとこかな・・・」

 

という意識が働きやすくなります。日本人の「右へならえ」精神ですねw

ですからまず審査に受かりやすいクレジットカードに申し込むのが基本です。

「審査が甘いクレジットカード」で検索すればほとんど楽天カードが1位に出てきます。

最初に申し込むなら楽天カードがおすすめ!

ポイントプレゼントしている今がチャンス