ショートカットを登録してタッチパッドのジェスチャーを使いこなす!

2020年9月29日

書いた人:TATSUO

書いた人

Microsoft、KDDIのコールセンター(表彰歴あり)、

ニフティクラウドの開発などIT歴20年。

 

ゲームプレイ実績

  • ダークソウル3レベル1縛りカンスト周回クリア
  • ウルフェンシュタイン2人生一度きりをクリア(トロフィー取得率0.1%以下)

YouTubeチャンネル

平均的なビジネスマンは、探し物をするためだけに、1年間で約150時間を費やしているそうです。

出典

 

 

「タブはどこかな~」

「×ボタンはどこかな~」

「エクスプローラーはどこかな~」

 

ささいな時間が積み重なればとてつもなく大きな時間になるということですね。

これから先、10年、20年、30年もパソコンを使うことになると、ささいな作業効率化の効果は絶大になっていきますよ。 

キーボードショートカットをタッチパッドジェスチャーに登録

ふだんよく使っているWindowsショートカットを見つける

キーボードショートカットならさまざまなことができますので、自由自在!なんでもあり!です。

まずはふだんよく使うキーボードショートカットを見つけ出しましょう!

「探すのがメンドイ~」という方は次の「【実装例】わたしが実際に使っているジェスチャー」へどうぞ。

WindowsのキーボードショートカットについてはこちらのMicrosoftサポートをご参照ください。

Windowsショートカットをタッチパッドジェスチャーに登録する

1.スタートボタンから歯車のマークをクリックし、設定を開きます。

スタートメニュー

2.「デバイス」をクリックします。

コントロールパネル

3.「タッチパッド」をクリックします。

タッチパッド

4.「ジェスチャの詳細な構成」をクリックします。

ジェスチャの詳細な構成

5.ジェスチャを記録します。

登録したいジェスチャ(タップや上下左右)から「カスタム ショートカット」を選ぶとWindowsキーボードショートカットを登録できます。

フクロウ
フクロウ
「カスタム ショートカット」以外で「これいいな!」と思うものがあればそれを選んじゃいましょう!

「記録を開始する」ボタンを押したら実際にキーボードでショートカットを押すと、入力した内容が表示されます。

「記録を停止する」を押します。

「記録を停止する」ボタンを押し忘れると反映しないぜー。
オレみたいなヘマはやるなよ!
猿

このようにキーボードショートカットが登録できることにより、ジェスチャの可能性が無限大に広がります!

【実装例】わたしが実際に使っているジェスチャー

Windowsキーボードショートカットって結構多いので、探すのが大変なんですよね。

一例としてわたしが使っている設定をご紹介します。

いちどこの設定を試してみて微調整してみるもヨシ!いちから作り直すもヨシ!あなた色に染めちゃいましょう。

3本指系

【タップ】Ctrl+N(新規ウィンドウ)

フクロウ
フクロウ
マルチモニターを使っているとウィンドウをふたつに分けて表示したい時がありますよね。

【上】アプリの切り替え

【下】Ctrl+W(タブを閉じる)

【左】Ctrl+Shift+Tab(タブの切り替え(左))

【右】Ctrl+Tab(タブの切り替え(右))

4本指系

【タップ】Windowsボタン+D(デスクトップの表示(もういちど押すと元に戻る))

【上】Windowsボタン+Up(↑ボタン)(最大化)

最大化ボタンやタイトルバーって結構探すのめんどくね?
猿

【下】Alt+F4(閉じる)

フクロウ
フクロウ
タブごとゴッソリ閉じたいときに。

【左】Windowsボタン+E(エクスプローラ)

フクロウ
フクロウ
あらゆるファイルを探すときの入り口ですからね!

【右】Ctrl+T(新規タブ)

「調べごと」は1種類とは限らんもんね!
猿

わたしからは以上です!よいPCライフを。

IT系

Posted by TATSUO